RD SUPPORT / RDサポート

厚生労働省「テレワーク宣言応援事業」サイトにて代表インタビューが掲載されました

中小企業こそ、テレワークを導入し生産性向上と人材確保を!

厚生労働省「テレワーク宣言応援事業」サイトにて代表インタビューが掲載

選定企業7社の代表が伝えたい「テレワーク」の有効性をサイトにて公開

 

 

株式会社RDサポート(本社:東京都千代田区、代表取締役:大澤 裕樹)は、2017年9月に当社を含む7社がテレワークに関する理解促進および、企業のテレワーク導入促進を目的とした「厚生労働省テレワーク宣言企業」に選定されました。この度、テレワークに関する更なる理解促進および、テレワーク導入促進を進めるため、厚生労働省が2017年11月1日(水)に開設した「テレワーク宣言応援事業」サイトにて、当社代表を含む、選定企業7社の代表インタビューが掲載されましたので、ご連絡申し上げます。

 

■従業員規模30名以下でも有効性が実証できた「テレワーク」

代表インタビューを通して多くの中小企業経営者にも「テレワーク」の有効性を広げる

 

当社では、独身従業員が大半を占めた創業当時と比べ、現在においては既婚者が62%となりました。また、全従業員における「共働き」比率が55%、子育て世帯比率が52%と家庭での役割を担う従業員が全体の半数を超えてきておりました。さらに、当社従業員の男女比は「男性:女性=4:6」と女性従業員比率が高く、女性従業員の33%が育児休業復帰者であり、今後も育児休業取得者が増加すると予想されている中で、「これまで通りの働き方」から、「家庭と仕事を考慮したバランスの良い働き方」への早急な方向転換が必要となっておりました。

 

このような背景の中で、「テレワーク制度」の導入を通して、生産性の向上、従業員の「ワークライフバランス」の充実、育児・介護が必要な際も従業員の働く機会の継続、女性のキャリア形成の拡充を図っております。この度公開された「厚生労働省テレワーク宣言企業」選定企業代表インタビューサイトでは、当社代表の大澤よりテレワーク導入に至った経緯と今後の取り組みに関してお答えさせて頂くと共に、当社のような中小企業においても「テレワーク」導入による事業継続と事業拡大の可能性についてご参考頂ければと考えております。

 

尚、この度公開されたサイトに加え、当社の取組みやテレワークの有効性についてのご質問等を個別にお受けしておりますので、「テレワーク」導入を検討している企業のご担当者様からのご連絡もお受けしております。

 

「厚生労働省テレワーク宣言企業」選定企業代表インタビューサイトURL:

https://www.sengen7.com/

掲載企業: 株式会社RDサポート、サッポロビール株式会社、都築電機株式会社、株式会社ベネッセホールディングス

       株式会社ペンシル、株式会社北都銀行、株式会社リクルートオフィスサポート

 

■ 株式会社RDサポートについて:

株式会社RDサポートは1998年の創業以来、「食・健康」業界に特化した「人材サービス」の提供をおこなっており、研究開発職に特化した人材派遣サービスを提供する「RDサポート人材派遣」、「食・健康」業界での転職支援をサポートする「RDサポート正社員転職」の人材事業に加え、「食」のプロである管理栄養士・栄養士を中心とした「健康サポート」の提案を行う「ヘルスケア事業」の2事業の提供を行っております。

コーポレートサイトURL: https://www.rdsupport.co.jp/

 

株式会社RDサポートでは、報道関係者様からのご取材をお受けしております。

<<本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ先>>

株式会社RDサポート 広報(担当:須藤・吉田)

TEL: 03-5217-5561  FAX: 03-5217-5561  メール: rdpr@rdsupport.co.jp

 

「テレワーク制度」導入に至った経緯、当社が実施している各種施策および、テレワークを実践している当社従業員へのインタビューや取材等もお受けしておりますので、お気軽にご連絡頂ければ幸いです。