RD SUPPORT / RDサポート

「厚生労働省テレワーク宣言企業」に選定されました

 従業員規模が30名以下でもテレワークの有効性を実証

 株式会社RDサポートが「厚生労働省テレワーク宣言企業」に選定

 従業員自らが「考え」、「仕事」をする人材を育てる“強い”組織へ

______________________________________________

 

株式会社RDサポート(本社:東京都千代田区、代表取締役:大澤 裕樹)は、テレワークに関する理解促進および、企業のテレワーク導入促進を目的とした「厚生労働省テレワーク宣言企業」に当社が選定されたことをご報告致します。

 

 

■従業員規模30名以下でも実践出来た「テレワーク」

企業トップ主導の制度導入ではなく、従業員主導の「テレワーク」導入

 

 

「働く、を変える日」をテーマに、東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とした働き方改革の国民運動の一環として、2017年7月24日に927の参加団体が一斉に実施した「テレワーク・デイ」。株式会社RDサポートでは、同日に開催された「テレワーク・デイ」に先立つ2016年12月より、全従業員29名の中から有志で結成された「オフィススタイル&ワークスタイル変革プロジェクト」メンバー5名が、週1回のテレワークを継続的に実施しております。テレワーク・デイ参加決定後の2017年6月には、テレワーク実施メンバーを全従業員の約4割にあたる11名まで拡大しました。

 

当社では、独身従業員が大半をしめた創業当時と比べ、19期を迎えた現在においては既婚者が62%となりました。また、全従業員における「共働き」比率が55%、子育て世帯比率が52%と、家庭での役割を担う従業員が全体の半数を超えてきておりました。さらに、当社従業員の男女比は「男性:女性=4:6」と女性従業員比率が高く、女性従業員の33%が育児休業復帰者であり、今後も育児休業取得者が増加すると予想されている中で、「これまで通りの働き方」から、「家庭と仕事を考慮したバランスの良い働き方」への早急な方向転換が必要でした。

 

このような状況下において、企業トップ主導ではなく、従業員主導による「テレワーク制度」導入検討を行ったことで、「時短勤務」や「育児介護従事者」など特別な条件下を想定した「テレワーク制度」ではなく、個々の従業員がタイムマネジメントを行い、「仕事時間」ではなく、「仕事の質」に重点を置いた「すべての社員のためのテレワーク制度」の導入に成功致しました。

 

 

今期のスローガンは「働き方を進化させ、成果を創出する」こと

平成30年3月末までに全従業員を対象とした「テレワーク制度」を実施

 

  当社の今期スローガンは「働き方を進化させ、成果を創出する」。働き方を工夫し進化させ、自らの業務やタスクの「優先順位」「劣後順位」を明確にし、短時間で大量行動を行い成果を創出するよう従業員に向け発信しております。

  また当社では、企業ミッションとして「新たな雇用の創出」を掲げており、他社に先駆け「新しい働き方・新しい取組み」を導入、実施することで、「テレワーク導入」による変化事例を世間に対して発信していく予定であり、本施策の一環として、平成30年3月末までに現在の「テレワーク制度」を全従業員向けに拡充を図ってまいります。

併せて、「仕事の時間」ではなく「仕事の質」を重視した人事制度を導入すると共に、短時間で成果を出す従業員を優遇する制度の導入を行うことで、生産性の向上と全従業員の「ワークライフバランス」の充実を図って参ります。

 

 

「テレワーク制度」導入でも従業員間コミュニケーション不足を起こさないフリーアドレス制

IT技術を活用し、ハード面、ソフト面で従業員が安心して「テレワーク」を行える環境作り

 

 

 当社では、テレワーク制度導入以前より、従来の固定席型オフィスによる課題および従業員間コミュニケーション不足を解消することを目的に「フリーアドレス制度」を実施しております。これにより、部署を超えた社内コミュニケーション醸成を行うことに加え、ペーパーレス化やデータのクラウド化などテレワーク導入への下地作りを行ってまいりました。

 

また、テレワーク実施による情報漏洩やデータ消滅を防ぐことを目的に、テレワークを行う従業員に対しては、空のモバイルPCおよびスティックPCを付与し、当社内にある仮想デスクトップにアクセスすることで、情報漏洩および、情報消滅を防ぐための取り組みも実施しております。これらに加え、テレワーク時の従業員の健康管理の一環として、テレワーク実施前に対象者に対して、自宅作業環境がテレワークに適しているかの面談等を実施し、基準に満たない場合は改善方法を提示するなど、従業員をサポートする仕組み作りも併せて実施して参ります。

 

 

■テレワークを通して「次の世代の働き方」を提案し続ける

 

 

 当社では、「テレワーク制度」の導入を通して、生産性の向上、従業員の「ワークライフバランス」の充実、育児・介護が必要な際も従業員の働く機会の継続、女性のキャリア形成の拡充を目指すと共に、当社のような中小企業においても「テレワーク」導入による事業継続と事業拡大を今後も当社事例と共に世間に発信していきたいと考えております。

 

 

 

■株式会社RDサポートについて:

株式会社RDサポートは1998年の創業以来、「食・健康」業界に特化した「人材サービス」の提供をおこなっており、研究開発職に特化した人材派遣サービスを提供する「RDサポート人材派遣」、「食・健康」業界での転職支援をサポートする「RDサポート正社員転職」の人材事業に加え、「食」のプロである管理栄養士・栄養士を中心とした「健康サポート」の提案を行う「ヘルスケア事業」の2事業の提供を行っております。

コーポレートサイトURL: https://www.rdsupport.co.jp/

 

 

 

 株式会社RDサポートでは、報道関係者様からのご取材をお受けしております。

<<本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ先>>

株式会社RDサポート 広報(担当:須藤・吉田)

TEL: 03-5217-5561  FAX: 03-5217-5561  メール: rdpr@rdsupport.co.jp

 

「テレワーク制度」導入に至った経緯、当社が実施している各種施策および、テレワークを実践している当社従業員へのインタビューや取材等もお受けしておりますので、お気軽にご連絡頂ければ幸いです。