HOME > ニュース > 個人情報漏洩に関するお詫びと今後の対応策について

個人情報漏洩に関するお詫びと今後の対応策について

このたび、弊社が配信しましたメールマガジンにおいて、
一部の企業ご担当者様宛のメールが他の受信者様のお名前が表示された状態で、配信されていたことが判明いたしました。
このような事態を発生させたことにより、クライアント企業様・ご担当者様をはじめとする関係者の皆様に
多大なご迷惑とご心配をお掛け致しましたこと、深くお詫び申し上げます。

企業情報ならびに個人情報を取り扱う事業者として、このような事態を招いたことを重く受け止め、
これまで以上に各種情報の取り扱いについての社内教育並びに管理体制の強化に努め、
再発防止に取り組み、お客様の信頼回復に全力で取り組む所存です。

何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

1. 該当する企業ご担当者様
弊社LINK事業サービスとご商談をいただいたことのある企業様
8社(メールアドレス12件)

2022/4/22 11:50 対象者様へ弊社メール配信システムにて一斉配信
2022/4/22 12:14 メールマガジンを受信したご担当者様からの問い合わせにより誤送信が発覚
2022/4/22 15:23 運用手順見直しのため、全社のメールマガジンを停止
2022/4/22 17:08 対象者12名にお詫びと該当メールの削除依頼を配信
2022/4/25     全事業部へメールマガジン配信システム、手順をヒアリング開始
2022/5/6       メールマガジン配信時の運用マニュアルを作成し、全社に周知し、配信担当者へ教育を実施
2022/5/9     運用手順を遵守し、メールマガジン配信を再開

2. 漏洩した個人情報の種類
個人情報の種類 : 企業名、氏名

3. 被害内容及び二次被害の影響
現在のところ配信してしまった個人情報が不正に利用されたという報告はございません。

4. 事故原因
調査の結果、一斉配信システムに取り込むCVSデータを作成・加工する際に操作ミスがあり、
そのまま取り込んで配信を行ってしまったことが原因であると判明いたしました。

5. 再発防止策

・一斉配信における配信システムごとの手順が明文化されていなかったため、マニュアル化いたします。
・一斉配信システムにインポートする元データの作成手順がルール化されていなかったため、ルールを定めマニュアル化いたします。
・データ作成者が責任を持って一次確認を行い、一斉配信の作業担当者がデータインポートの前に二次確認を行う、2者間での確認作業を徹底いたします。

6. 対象者様へのご連絡
該当する皆様には、頂戴しております情報をもとに電子メールにてお詫びのご連絡をお送りし、対応を完了しております。

7. 事故の報告先
本件、調査報告書とりまとめ、下記関係当局への報告を行います。

・一般社団法人 日本情報経済社会推進委員会(JIPDEC)※プライバシーマーク制度 認定個人情報保護団体
・個人情報保護委員会

なお、本事案に関するお問い合わせにつきましては、下記窓口までお願いいたします。

___________________________________

〒104-0061

東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル3F

株式会社RD サポート 管理部 個人情報保護窓口責任者

TEL:03-6631-7300(祝祭日を除く平日9:00~18:00)

E-mail:info@rdsupport.co.jp

___________________________________


HOMEに戻る