RD SUPPORT / RDサポート

HOME > ニュース > バイオ・サイト・キャピタル社と業務提携をいたしました

バイオ・サイト・キャピタル社と業務提携をいたしました

この度当社は、大学や研究機関等の起業支援、事業化支援を展開しているバイオ・サイト・キャピタル株式会社(本社:大阪府茨木市、代表取締役:谷 正之、以下 バイオ・サイト・キャピタル)と業務提携し、
バイオベンチャー企業に対しての理系専門職シェアリングサービス「RD LINK」を中心とした人材支援サービスの提供を開始いたします。

 

●RD LINKとは

食品・化粧品・医薬品・医療機器・バイオ・ヘルスケア業界に特化したエキスパート(理系プロ人材)のシェアリングサービスです。
正社員でも派遣でもない新しい人材活用の手法となり、
全国問わずベンチャー企業から大手企業まで累計900件以上の案件をいただいております。
サービスURL:https://rdlink.jp/biz

RD LINK活用のメリット

①社内の知見だけでは難しい案件が動き出す
戦略立案から業務の進め方まで、別の組織で経験を積んだ専門人材が貴社に新たな視点を提供いたします。
新規事業推進、新商品開発、工場改善業務など、これまで着手できていなかった難易度の高い案件が動き出します。

②最小限のリスクでトライできる
初期費用不要で、直接雇用のリスクも回避できます。

③必要な期間だけ活用できる
課題解決までの数か月間の伴走サービスとなります。ビジネスのスピードに負けない小回りが利くサービスです。

 

●バイオ・サイト・キャピタルについて

2002年の創業以来、ライフサイエンス・バイオベンチャーの成長にはウェット実験可能な研究拠点が必要との考えから、
投資育成事業だけに限らず、大阪(彩都)、神奈川(新川崎)、沖縄(うるま)の3拠点で7棟のレンタルラボを運営し、
インキュベーション・スタートアップ支援に取り組んでいます。
有望シーズを発掘して社会還元するため、これまで培ってきた経験やノウハウなどを活用して、
シーズの事業化やイノベーティブでグローバルに通用するベンチャーを創出する支援を行っております。

事業育成戦略
数多くのバイオベンチャーの起業に立ち会ってきた経験から技術系ベンチャーの成功には、
業前に知財調査や市場調査を十分に行い、絞り込みを通して“知財を磨く”ことが重要です。
確立したプラットフォームテクノロジーを持ち、成長魅力を備えたベンチャーを創出し、
地域社会への還元を図るために、外部専門機関の協力も活用して、知財(ライセンス)、市場調査、研究・開発計画立案等、
事業性、市場性などを検証して、一緒にプロジェクトの伴走をします。

バイオ・サイト・キャピタルの強み
1.先端医療領域での起業経験や製薬会社での実務経験のある研究者が科学顧問チームを組成しています。
2.先端医療に精通した知財専門家や市場調査・開発計画立案のスペシャリストたちが知財戦略や研究計画の立案を支援します。
3.ウェット実験が可能な研究施設や研究機器をレンタルで提供。弊社の幅広いネットワークを通じて資金調達・ハンズオン支援などをします。
4.大阪・関西万博を活用したアピールやビジネスマッチングの機会を得ることができるファンドからの投資を検討します。

 

●業務提携の背景と目的

バイオ・ヘルスケア業界においては、成長性が高く、独自のシーズや技術を保有する多くのベンチャー企業が創出されています。数多くのベンチャー企業がスタートアップから急成長を遂げている一方で、社員を雇用するための採用力において課題がある企業も数多くあります。新卒・中途問わず採用や育成が難しく、研究開発が加速しない一因ともなっております。
そこで、創業以来25年以上に渡り食品、バイオ、ヘルスケア分野に特化した「人材サービス」事業を提供するRDサポートと、バイオベンチャー起業支援や投資事業経験が豊富なバイオ・サイト・キャピタル株式会社がタッグを組み、企業や研究機関の人材課題の解決を可能にすべく業務提携に至りました。この提携によりベンチャー企業における人材課題解決のスピードが上がり、事業加速が実現できると考えております。

 

●業務提携内容

RDサポートは、本協業において、「RD LINK」事業を通してエキスパート人材を提供し、企業の課題解決を支援いたします。
バイオ・サイト・キャピタルは本協業において、資金面・施設面のみならず、
経営課題で挙げられやすい人材支援サービスを拡充することにより、
スタートアップ・ベンチャーに一層深く寄り添った総合的なソリューションサービスを提供いたします。

 

▼プレスリリース記事はこちらから
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000112398.html

 

▼本件に関する問合せ先
株式会社RDサポート 広報担当:丸山
電話:03-6631-7300  メールアドレス:rdpr@rdsupport.co.jp


HOMEに戻る